1 校歌 式典全般 1番〜3番の歌詞には、「目あてをさしてすすむ人」「まごころをつくす人」「体をじょうぶにする人」の初等部の目標が言葉をかえて表現されています。
2 青い校旗 朝礼、式典 青い校旗には、子どもたちの不思議な可能性をひきだす力があります。旗にはげまされながら未来への道をまっすぐにすすみます。
3 昭和の子ども 朝礼、式典 苦しいことがあってもつらいことがあっても明るい希望を抱いてみんなで力を合わせてぐんぐん進む昭和っ子の姿をうたっています。
4 朝ごとに 朝礼 さわやかな空気を吸いながら元気に活動を始める昭和っ子の朝の様子をうたっています。
5 讃歌 入学式・卒業式 創立40周年の記念に当時在学していた児童が作詞しました。祝事のたびにうたわれ、子どもたちに昭和っ子としてともに成長していこうとよびかけています。
6 奥日光 林間学校 昭和っ子の完成をめざす林間学校。それに臨む6年生のやる気に満ちた顔。待ち望んだ5泊6日の生活がうたわれています。
7 那古の海 海浜学校 夏の陽ざしに見守られながら過ごす海浜学校。元気な昭和っ子たちを那古の自然も見守っています。
8 おとしよりの日 敬老行事 今の生活のもとを築いてくださったお年寄りに歌声をとおして感謝の気持ちを伝えます。
9 光を浴びて 運動会・海浜学校 元気いっぱい活動する昭和っ子の応援歌です。
10 おもちつき おもちつき 一粒一粒ばらばらだったお米がおもちになるように、みんなの力を合わせてひとるの仕事を仕上げます。
11 那古の思い出 海浜学校 夏の共同生活をふりかえり、元気な昭和っ子たちもしっとりと歌いながら思い出を深めていきます。