ボストン留学

昭和ボストン概観昭和ボストン航空写真
昭和ボストンは、アメリカ・マサチューセッツ州にあるキャンパスです。
1988年に開校して以来、昭和学園の小学校から大学までの児童、生徒、学生らを受け入れています。

昭和ボストン 学長挨拶

学長写真
Every student knows that Shōwa Joshi Daigaku established an American campus to improve students’ English skills and develop their cross-cultural awareness. But Showa Boston also exists to foster students’ personal growth. The German philosopher Goethe wrote that “people who know nothing about foreign languages know nothing about their own.” In other words, in addition to broadening your global perspective, studying the English language and American culture will help you to learn about yourself. Our teachers will encourage you to take increasing responsibility for your own intellectual and personal development, and you will gain new confidence as you master a different language and culture. We look forward to hosting you.
Frank Schwartz, Ph.D.
President, Showa Boston Institute

英語コミュニケーション学科のボストン留学カリキュラム

ボストン留学プログラム
<University>
 
【必修】
2セメスタープログラム
<Four Seasons Program>
(FSP)
【原則希望制】
ボストン長期留学
プログラム
<Boston Long-term
 Intensive Program>
(BLIP)
【希望者選抜制】
時期 2年次後期のみ 2年次前期と2年次後期 1年次後期から2年次後期
期間 1セメスター 2セメスター 3セメスター
内容 集中的な語学プログラムに加え、ボストンならではの教養科目を英語で学び、東京校教養科目カリキュラムとの連携を図る。さらに秋から冬にかけて多くの伝統的なアメリカの行事を体験する。 ボランティア活動を通してアメリカ社会を体験する「春の15週間プログラム(※1)」(前期)と英コミ必修の「ボストン留学プログラム(University)」に参加する。 ボストンに3セメスター滞在し、語学力を身につけ、現地の提携大学での授業に参加する。コミュニティサービスや英語のレベル次第でインターンシップに挑戦して、国際人としての素地を固める。
対象 2年次後期必修 必修の5ヶ月だけでは物足りない、じっくり英語力を伸ばしたいという人 将来、海外の大学院進学を希望する人、英語で仕事をしたい人、国際的に活躍したい人 
備考 ボストン校でのプログラム終了後に延長してボストンに滞在することが可能となっている。
  • ボストン校に滞在して参加する日本語教育実習プログラム
  • ホームスティや語学学校に参加できる延長プログラム(Intersession Program)
夏休み期間は、「Boston Summer Session(※2)」(8月中旬~9月中旬)、現地の語学学校のプログラム(4週間)、または海外ボランティアに参加しなければならない。 Uと同様、ボストン校でのプログラム終了後、延長プログラムに参加も可能となっている。 休暇中はホームスティや語学学校に参加したり、アメリカ国内の旅行も可能となっている。

2016年度 ボストンカリキュラムと実施プログラム

ボストンカリキュラム表
  • カリキュラム表をクリックすると拡大してご覧いただけますlink to pdf

2016年度ボストン留学者実績

  • 4月に1年プログラムFSP16の学生62名がボストンへ出発しました。
  • 9月に1年半プログラムBLIP16の学生13名、半年プログラムUniversity16の学生101名がボストンへ出発しました。
ボストン留学ページ

昭和ボストン公式ホームページ





PAGE TOP