資格習得・就職 〜社会で必ず役立つ資格が取得できる〜

会計ファイナンス学科では、簿記やファイナンシャル・プランニング技能士をはじめ、金融機関や一般企業の管理部門等で役立つ資格の取得が可能です。また公認会計士、税理士、証券アナリストなどの資格取得もめざせます。


FP(ファイナンシャル・プランナー)とは?

 相談者の家族構成や収入と支出、資産・負債、保険など、あらゆるデータを収集・分析し、夢や目標を達成するため、長期的かつ総合的な視点からアドバイスを行うのがファイナンシャル・プランナーの仕事です。あらゆる問題が起こる前に、対処できるよう助言。多岐にわたる相談に対応するため、各種金融商品、株式、保険、税制など、幅広い金融関係の知識が求められます。

簿記とは?

 商法等で定められたルールに沿って、企業や商店でのお金の動きを記録・計算・整理し、経営成績と財政状態を明らかにするのが簿記です。簿記を理解することで、経理事務を行うために必要な会計知識だけでなく、企業の経営状況の情報が満載されている財務諸表など、会計書類を読み取り、分析する力が身につきます。取引先の経営状況の把握を含め、経営管理上、必要不可欠な知識と能力だといえます。

取得をめざす資格   卒業後の進路

日商簿記検定
全経簿記検定
国際会計検定(BATIC®
ファイナンシャル・プランニング技能士
国税専門官 など

上記の資格以外にも、公認会計士、税理士、証券アナリスト等の資格取得を支援するカリキュラムを豊富に組み込んでいます。

 

監査法人
銀行・証券・保険などの金融機関
国税専門官などの公務員
一般企業管理部門
ファイナンシャル・プランナー
アセットマネジメント会社
経営コンサルタント など


三軒茶屋にカフェをつくりたい!
オープンキャンパス

ページトップへ