HOME > 教員紹介

教員紹介 Teachers

    • 教授・伊藤 純(Jun Ito)
    • 専門分野
    • 生活経営学、生活福祉学
    • 研究内容
    • 「生活の社会化」が家計、生活時間等に及ぼす影響について研究。生活者が主体的に社会環境に働きかけ、よりよい福祉社会を創造する担い手となるために必要な力を全ての人に獲得してほしいと願っている。
    • 担当授業
    • ソーシャルワークプロジェクト、生活福祉経営論
    • 教授・北本 佳子(Keiko Kitamoto)
    • 専門分野
    • 社会福祉学、ソーシャルワーク
    • 研究内容
    • ソーシャルワークにおける直接的な援助のあり方(コミュニケーションを含む)、組織・地域のマネジメント、福祉政策の立案など、ソーシャルワーク全般に関わる研究を通して、ソーシャルワークの専門性や社会的認知の向上を目指している。
    • 担当授業
    • ソーシャルワークの基盤と専門職、ソーシャルワーク演習
    • 教授・高橋 学(Manabu Takahashi)
    • 専門分野
    • 医療福祉、精神保健福祉
    • 研究内容
    • 患者・家族主体から考察したソーシャルワーク論と医療での意思決定支援の研究をしている。また、専門職養成の人材育成法を研究している。
    • 担当授業
    • 保健医療サービス、精神保健福祉援助実習
    • 教授・原 史子(Ayako Hara)
    • 専門分野
    • 社会福祉学、児童家庭福祉
    • 研究内容
    • 現代社会特有の生活上の困難な問題を抱える子ども・家庭に向けた社会的支援のあり方について研究している。
    • 担当授業
    • 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度、ソーシャルワーク実習
    • 特命教授・進藤 美津子(Mitsuko Shindo)
    • 専門分野
    • 言語聴覚障害学、中枢性聴覚障害
    • 研究内容
    • 乳幼児のコミュニケーション行動の発達とその評価について質問紙を作成し、評価の有効性について検討を行っている。
    • 担当授業
    • 言語聴覚障害学総論、言語聴覚障害学基礎演習Ⅰ
    • 准教授・根本 治代(Haruyo Nemoto)
    • 専門分野
    • 障害者福祉
    • 研究内容
    • 障がいのある若者の「学校から職業への移行」プロセス、キャリア発達と「移行」支援をテーマに、障がいのある人の生活と就業との関係を視野に入れた、生涯全体を見据えたソーシャルワークのあり方を探究している。
    • 担当授業
    • 障害者に対する支援と障害者自立支援制度、就労支援サービス
    • 准教授・渡辺 剛(Tsuyoshi Watanabe)
    • 専門分野
    • 体育学
    • 研究内容
    • 研究テーマは、スポーツや身体活動を通しての「健康づくり」「地域づくり」。自ら運営する「せたがやウキウキクラブ」を中心に新しいコミュニティのスタイルを築くために実践を交えた研究をしている。
    • 担当授業
    • ソーシャルワークプロジェクト、幼児体育
    • 専任講師・李 恩心(Eun-Sim Lee)
    • 専門分野
    • 地域福祉、高齢者福祉
    • 研究内容
    • 権利としての福祉サービスへのアクセシビリティの課題や、介護サービスの利用支援システムに関する国際比較研究。制度化された福祉サービスへのアクセスの問題を地域の生活者の視点を中心に実践的に分析する。
    • 担当授業
    • 現代社会と福祉、地域福祉の理論と方法
    • 専任講師・佐藤 千晶(Chiaki Sato)
    • 専門分野
    • 生活福祉、子育て支援
    • 研究内容
    • 子育て生活の質、WLBなどをキーワードに子育て支援の在り方について研究している。そこから、子育て支援実践力を備えた保育士養成のあり方を模索している。
    • 担当授業
    • 乳児保育、保育実習指導Ⅰ・Ⅱ
    • 専任講師・中矢 亜紀子(Akiko Nakaya)
    • 専門分野
    • 高齢者福祉
    • 研究内容
    • 訪問介護員などの援助職者が行う、高齢者の自立支援を意図した援助活動に焦点をあてた研究をしている。
    • 担当授業
    • 高齢者に対する支援と介護保護制度Ⅰ・Ⅱ、ソーシャルワーク実習
    • 専任講師・渕田 隆史(Takafumi Fuchida)
    • 専門分野
    • コミュニケーション障害、会話分析
    • 研究内容
    • 言語聴覚療法場面における会話特徴、医療職をめざす学生の会話教育について研究しています。
    • 担当授業
    • 発声発語障害学評価法演習、言語聴覚障害学基礎演習
    • 特命講師・山澤 秀子(Hideko Yamazawa)
    • 専門分野
    • 言語聴覚障害学、言語学
    • 研究内容
    • 失語症臨床のさまざまな実用コミュニケーションアプローチ、地域における失語症者支援のありかたについて研究している。
    • 担当授業
    • 失語症学、高次脳機能障害学、言語学
    • 特命講師・吉野 比呂子(Hiroko Yoshino)
    • 専門分野
    • 精神保健医療福祉
    • 研究内容
    • 精神障害者の生活支援を中心に、精神保健医療福祉分野のソーシャルワークについて研究しています。
    • 担当授業
    • メンタルヘルスソーシャルワーク論、精神保健福祉論、精神保健福祉援助演習
    • 助教・永野 咲(Saki Nagano)
    • 専門分野
    • 社会的養護、子ども家庭福祉
    • 研究内容
    • 様々な理由で社会的養護のもとで暮らす子どもたちの暮らしのあり方や当事者参画の方法について研究している。
    • 担当授業
    • ソーシャルワーク実習指導、ソーシャルワーク演習
    • 助教・野坂 洋子(Yoko Nosaka)
    • 専門分野
    • 子ども家庭福祉、ソーシャルワークスーパービジョン
    • 研究内容
    • 特にDV被害にあった被害者とその子どもを支援する支援者のためのスーパービジョンについて研究をしている。
    • 担当授業
    • 社会的養護、社会的養護内容

ゼミ紹介

    • 地域福祉演習(李ゼミ)
    • 地域における生活課題の解決が主な研究テーマです。子どもから高齢者まで様々な領域での地域福祉推進や福祉コミュニティづくりについて理解を深めます。またグローカルの視点から東アジアの国々を中心に国際比較研究を進めています。
    • PICK UPゼミ活動
    • 現地に足を運び、“自分の目で見ること”を大切にしています。ゼミ生が教員の研究に同行し、福島県で被災地の復興支援について学んだことも。
  • 伊藤ゼミ
    • 生活福祉演習(伊藤ゼミ)
    • 生活者の側からはたらきかけ、社会と暮らしをつくり変えていく「生活福祉経営」の視点から研究しています。
    • PICK UPゼミ活動
    • ゼミ生の関心に応じて、生活福祉経営視点をもった起業家や社会的企業への訪問インタビュー・見学などを行っています。
  • 北本ゼミ
    • ソーシャルワーク演習(北本ゼミ)
    • 生活問題に対する支援活動であるソーシャルワークについて学び、社会福祉の分野における援助のあり方や制度・政策について検討します。
    • PICK UPゼミ活動
    • ゼミ生同志の人間関係を大切にしながら、幅広くソーシャルワークについて学ぶことで視野を広げることができます。
  • 佐藤ゼミ
    • 保育・子育て支援演習(佐藤ゼミ)
    • 保育・子育て支援制度・政策の動向を把握し、当事者(子ども・子育て中の親など)の視点で考察できるよう文献講読やフィールドワークを行い、各自の研究につなげていきます。
    • PICK UPゼミ活動
    • 文献研究だけでなく、「三茶子育てファミリーフェスタin昭和女子大学」への参加・イベントの企画・運営を行うなど、学生自身の主体的な実践活動からの学びも大切にしています。
  • 高橋ゼミ
    • 医療ソーシャルワーク演習(高橋ゼミ)
    • 保健・医療、精神医療などの分野におけるソーシャルワークの方法論や家族問題(離婚、虐待、機能不全家族)の理解と対応をテーマとしています。
    • PICK UPゼミ活動
    • 医療の現場で働く多くの専門職との交流を通じて、プロフェッショナルとは何かを考え、専門職としての資質を養っていくゼミです。
  • 中矢ゼミ
    • 高齢者福祉演習(中矢ゼミ)
    • 高齢者やその家族をとりまく課題や、介護サービスの質の向上のためのとりくみについて、文献講読やディスカッション等をとおして考えます。
    • PICK UPゼミ活動
    • 教員・ゼミ生が相談しながら、施設見学や調査活動などの実施も検討しています。
  • 根本ゼミ
    • 障害者ソーシャルワーク演習(根本ゼミ)
    • 障がいのある人に生きづらさをもたらす社会のあり方を問う視点から、障がいのある人への生活支援の在り方を研究します。
    • PICK UPゼミ活動
    • コミュニティサービスラーニングによるボランティア活動および事業所や関連団体のイベント企画・進行など、学生主体で活動しています。
  • 原ゼミ
    • 児童・家族福祉演習(原ゼミ)
    • 子どもや家族が抱える生活上の困難な問題の背景を問うとともに、地域でのびのびと生活するための方策を考えます。
    • PICK UPゼミ活動
    • 文献や新聞記事の報告および議論を通して問題関心を深め学び合う場となっています。フィールドワークも実施します。
  • 渡辺ゼミ
    • スポーツ・レジャー演習(渡辺ゼミ)
    • スポーツやレジャーを切り口に人との触れ合いや地域づくりについて研究していきます。
    • PICK UPゼミ活動
    • 富山県立山町インターカレッジ・コンペティションに3年連続参加。2014年は優秀賞に輝きました!