プロジェクト活動

PROJECT

PBL科目

実践的なPBL科目(課題解決型学習「Project-Based Learning」)を通して社会で通用する力を養う

現代教養学科では3つの領域で学ぶ専門知識をいかし、社会で通用するより実践的な知に近づけるための豊富なリテラシー科目が用意されています。
まず、日本語科目では、日本語の「書く」「話す」「表現する」能力をさらに磨きます。
また、メディア・リテラシー科目では、基本的なオフィスアプリケーション(Word、Excel、Powerpoint)の運用能力だけでなく、情報社会を生きる上で必要不可欠な知識や、その中で効果的に情報発信するための制作・デザインの基礎なども学ぶことができます。
さらに、PBL 科目では、プロジェクトの実施に必要なプロジェクトのファシリテーションやPR の知識を身につけます。
加えて、世の中にあふれる情報を分析・考察するためのスキルを身につける社会調査士や、書籍・情報の分類・整理・保存を行う司書資格も取得可能です。

PBL授業紹介

PRコミュニケーションで社会をつなぐ。

「パブリック・リレーションズ」
パブリック・リレーションズ(PR)は、現代の社会において、自分の身近なところから企業・社会全体まで、幅広く必要な時代になっています。そのPR・広報の目的や役割などを理解し、必要な情報・知識を学ぶと共に、プレスリリースの書き方やPRプランをアクティブラーニングで学ぶことで、実践的なスキルも身につけます。

学びと気づきと体験をデザインする。

「ワークショップ技法」
学びに様々な方法があります。知識を得ることも学びであれば、自ら知識を生み出していく過程も学びです。ワークショップは、人々が集いコラボレーションしながら、普段とは異なる視点で発想し、楽しさを感じることのできる活動やコミュニケーションを通じて、学びと気づきと体験を創造していく方法を身につけます。

社会調査研修

実際にフィールドに出て社会調査を行う実習プログラムを「社会調査研修」として実施しています。

現代教養学科では、実際にフィールドに出て社会調査を行う実習プログラムを「社会調査研修」として実施しています。前期に校内で事前学習を行い、夏季休暇中に実際に対象となる地域に入りフィールドワークを行います。その後、フィールドでの知見をまとめ、レポートや報告会などを通して、成果を発表します。対象地域は、隔年で入れ替わります。2018年度の国際社会調査研修では、ドイツのフライブルグを中心に、環境先進国の取組みについて学びました。2019年度の社会調査研修Aでは、「オリンピックを通して東京の変貌を探る」をテーマとし、1964年のオリンピックでの変化、そして来る2020年のオリンピックに向けてダイナミックに変化する2019年の「今」を捉え、未来を考え、発信することを到達目標としています。

2019年度 社会調査研修A2019年度開講の「社会調査研修A」では、「オリンピックを通して東京の変貌を探る-過去から学ぶ。今を記録する。そして、未来を考える。-」をテーマに、受講生が2020年のオリンピック会場となるヘリテージゾーンと東京ベイゾーンでのまちの変化を捉えるため、フィールドワークを行っています。6月15日(土)には公開講座「東京とオリンピック 1964→2020」を開催し、歴史的、社会的側面から学びを深め、最終的には2019年11月2日に三軒茶屋にてパネル展示&報告会を開催します。

2017年度 国内社会調査研修東京のキャンパスではふれる機会の少ない「地方」を調査する国内研修では、2017年度は「地域の魅力を発見する・発信する」をテーマに、新潟県魚沼市を訪れました。
現地では、緑豊かな山里である福山新田地区と魚沼市の中心部である小出地区にて、カメラを片手にフィールドワークを行い、撮影した写真や映像を用いて、現地の魅力や生活の豊かさを発信するポスターやPRビデオを作成しました。これらの活動は現在も現地の方々との交流に繋がっています。

2018年度 国際社会調査研修観光では行くことが少ない海外のフィールドで、現地を取り巻く社会状況や、課題・可能性について学びを深めます。
2018年度は、ドイツの環境先進都市であるフライブルグやカールスルーエを訪れ、再生可能エネルギーやゼロエミッションの取組みについて視察を行いました。
また隣接するスイスのバーゼルでは3 国国境地域を、フランスのストラスブールではEU 議会なども見学しました。

プロジェクト活動

授業内外でのプロジェクト活動を学科でサポート

現代教養学科では、授業の内外で10を超える様々なプロジェクトが展開されています。自らの学びや興味に合わせて、是非プロジェクト活動に参加してみましょう!!

三茶を楽しもう!プロジェクト

大学の地元である、三軒茶屋(通称三茶)のまちを、深く知りたい、楽しみたい、そしてよりよくしたい!という意欲的な学生たちが集まり、三茶の魅力の発掘・発見、情報発信を行っています。
学生たちだけでなく、地域の方々との交流が特徴で、学生の発想を活かした、三軒茶屋の知名度UPや商店街の元気づくりなどの活動を2013年度から、商店会とのコラボで実践しています。
お揃いのはっぴを着て、団結力を深めながら頑張っています。
また、三軒茶屋の名店をまとめた「三軒茶屋マップ」なども作成しています。

● 最近のプロジェクト活動(学科ブログ記事) >> もっと見る

2018.12.14
【三茶を楽しもう!プロジェクト】三茶クリスマスナイトに参加しました!
2018.12.06
【三茶を楽しもう!プロジェクト】12月9日三茶クリスマスナイトに参加します!
2018.12.06
【三茶を楽しもう!プロジェクト】クリーン大作戦に参加しました!

世田谷パン祭り

三宿エリアの地域活性化プロジェクトの一環として、世田谷パン祭りを盛り上げるだけでなく、パン祭りをきっかけに三宿エリアの魅力をパン好きの方にも地域の方にも、どのように発信したらよいか、三宿四二〇商店会の方と協働で取り組みます。
まずは三宿の魅力と課題を発見し、発信方法を検討。地域優先チラシへの地域情報の取材等も企画予定。
10 月のパン祭りではボランティアスタッフOPENSAND の一員にも加わって実行委員会をサポートします。

● 最近のプロジェクト活動(学科ブログ記事) >> もっと見る

2018.10.08
「三宿三色パンコンテスト」でテイスト賞を受賞!
2018.10.01
世田谷パン祭り2018 準備中!
2017.10.10
【粕谷ゼミ】世田谷パン祭り2017に参加して

チョコレート映画祭

下北沢の“しもきた商店街振興組合” 他との協働で、バレンタインデー直前の連休を利用して“愛”をテーマに映画祭を開催しています。
商店街が運営するまちづくり会社が所有する小劇場などの空間を利用して、映画の研究発表と展示、映画上映を行い、併せて参加型イベントを行っています。
来場者にアンケート調査を実施し、結果をグラフにして分析するまでが活動です。映画やチョコレートは楽しいだけでなく、社会を研究するための大切なツールです。

● 最近のプロジェクト活動(学科ブログ記事) >> もっと見る

2019.02.26
【昭和リエゾンセンター認定プロジェクト】「チョコレート映画祭2019」を開催しました!③
2019.02.25
【昭和リエゾンセンター認定プロジェクト】「チョコレート映画祭2019」を開催しました!②
2019.02.21
【昭和リエゾンセンター認定プロジェクト】「チョコレート映画祭2019」を開催しました!①

魚沼ゆいプロジェクト

新潟県魚沼市の豊かな自然や、美しいまち、おいしい現地の産品やあたたかい人の魅力を、現地を取材して、ポスターやビデオにまとめます。
そして、それを東京・三軒茶屋で発信することで、魚沼と東京をつなげ、新しい交流を創り出すことを目標にしています。東京では経験することのできない、地方の現実を直接感じながら、その魅力を発信するという課題を通して、未来の魚沼の姿、ひいては地方のあり方も考えていきます。

● 最近のプロジェクト活動(学科ブログ記事) >> もっと見る

2018.11.09
本日秋桜祭です!

SWU Agri-Girls

「SWU Agri-Girls」は「東京社会調査研修」(2017年度)の一環として、都市農業体験を実施したことをきっかけに、参加メンバーが自主的に立ち上げたプロジェクトです。
世田谷区桜丘の「中杉キッチンガーデン」の農園に伺って、種を撒いたり、農産物の収穫・袋詰め、収穫後の後片付け等の援農を行っています。

● 最近のプロジェクト活動(学科ブログ記事) >> もっと見る

2019.06.10
【3回目】SWU Agri-Girls農業体験
2019.04.19
ーSWU Agri−Girls 新1年生体験 1日目ー
2019.03.01
SWU Agri-Girlsの活動を紹介します!

Bubble5

「子供の元気は社会の元気!子供たちには楽しい経験を、いつも忙しくしているお父さんにはすてきな思い出とシャッターチャンスを私達の手でプレゼントしよう!」を合い言葉に活動しています。
三茶・子育てファミリーフェスタ in 昭和女子大学や朝日小学生新聞サマースクールin昭和大学に例年参加。ビブリオバトルなど図書館関連イベントも計画中!

● 最近のプロジェクト活動(学科ブログ記事) >> もっと見る

2017.06.28
三茶・子育てファミリーフェスタ in 昭和女子大学 参加しました!

CLA Reporters

学生たちの目線から、現代教養学科の魅力を発信するための、広報誌「CLAMagazine」を、メディア・スタディーズのページ(P.4)で紹介した「CLAReporers」の活動と連携しながら、企画、発行しています。
教員からのサポートも得つつ、取材から、写真の撮影、記事の編集、レイアウトに至るまで、すべて自分たちの手で行っていて、自分たちのメディアを作る事を目標に活動をしています。
作成した雑誌は、各オープンキャンパスにて配布し、来校した高校生や保護者の方に、現代教養学科の魅力を伝えています。

● 最近のプロジェクト活動(学科ブログ記事) >> もっと見る

2018.12.25
現代教養学科のプロジェクトを紹介します~CLA Magazine & Reporters~
2016.06.29
CLA Reporters 始動!

秋桜祭 CLA Café

私たちは11月に行われる昭和女子大学の学園祭「秋桜祭」で、現代教養学科伝統のお店「CLA cafe」でワッフルとお茶を販売しています。
売に向けてワッフルの試作を行い、秋桜祭前日には教室を装飾し可愛いカフェを準備します。
秋桜祭当日はワッフルを作って販売します。
このカフェは1・2年生でやるので、上級生と仲良くなる機会にもなります!

● 最近のプロジェクト活動(学科ブログ記事) >> もっと見る

2017.10.06
CLAcafeミーティング中!
2015.05.25
現代教養学科の学生活動の紹介がありました!
2014.06.10
現代教養学科学生の地域活動&Student Activity紹介

ポケット・ガーデンボランティア活動

ポケットガーデンとは、VSP(国土交通省認可)の花植えボランティアグループです。
地域貢献活動、地域のエコアップを目的としています!活動内容は学校の前の国道沿いの花壇の手入れをすることです。
手入れは、花の注文→花植え→水やり→ゴミ拾い(軽微な清掃)をローテーションで行います。

● 最近のプロジェクト活動(学科ブログ記事) >> もっと見る

2018.01.11
ポケットガーデン(お花を植えました!!)
2015.04.03
ポケット・ガーデンボランティア活動開始!
2014.09.04
ポケットガーデンボランティア活動が表彰を受けました!

世田谷美術館「SeTaBi Cafe」集客力UPプロジェクト

このプロジェクトでは、粕谷ゼミ所属の学生が、世田谷美術館(世田谷区砧公園内)の地下にあるカフェ「SeTaBi Cafe」の閑散期の集客力UPをするための企画を提案しています。
テラス席を利用して、ペットと共に地域の方々との親交を深める「わんこオフ会」を企画しています。

● 最近のプロジェクト活動(学科ブログ記事) >> もっと見る

2014.06.10
現代教養学科学生の地域活動&Student Activity紹介
2013.02.13
現代教養学科創設10周年記念
2012.05.08
朝日新聞朝刊(5月6日/東京版)に活動が紹介されました!

けっぱれ!東北!!

「けっぱれ!東北!!」は2011年3月11日の東日本大震災を受け、学生の私達にも何かできることはないかと思い集まった有志団体です。
事前に勉強会を行い、夏休みに現地を訪れます。
11月の秋桜祭にて展示を行い、被災地の今を伝えます。
実際に見て・聞いて・触れてといった経験は自分の糧になります。

● 最近のプロジェクト活動(学科ブログ記事) >> もっと見る

2015.05.25
現代教養学科の学生活動の紹介がありました!
2014.06.10
現代教養学科学生の地域活動&Student Activity紹介
2013.11.10
秋桜祭1日目

クリエイティブ創発プロジェクト

社会には様々なクリエイティブがあります。広告やPRの制作物をはじめ、メディアやコンテンツ、コンビニにある商品の新しいデザインもクリエイティブです。
そのメディアと商品開発の舞台裏や他のプロジェクトをリサーチして、新しいアイデアを企画し、デジタルコンテンツやグッズを創造・発信します。

● 最近のプロジェクト活動(学科ブログ記事) >> もっと見る