昭和女子大学 人間文化学部 日本語日本文学科
〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7

入試に関するお問い合わせ:
昭和女子大学アドミッションセンター: http://exam.swu.ac.jp

その他・大学全般に関するお問い合わせ:
お問い合わせ先一覧: http://office.swu.ac.jp/faq

 

このページのトップへ移動






日本語日本文学科の学びによってどのような力が身につきますか?
さまざまな学びを通して、ことばの力、コミュニケーション力、さらには洞察力が身につきます。これらの力は、どのような仕事に就いても必要です。人とつながり、世界とつながり、社会を動かしていける力を獲得しましょう。また、コースの専門的な科目の他にも、文化論や出版編集、海外研修先で学ぶ科目などもあり、グローバルな視点から日本の言語文化を捉え、物の見方を広げます。教職に就くための科目やキャリア支援科目も用意しています。


卒業論文はどのようなことをするのですか?
自分で決めたテーマについての研究成果を論文としてまとめます。これだけを聞くと難しいことのように思えますが、研究の進め方や論文の書き方など、入学後から少しずつノウハウを学んでいきます。自分の研究成果を出すという達成感を味わえます。


日本語日本文学科ではどのような資格が取れますか?
高等学校教諭一種(国語・書道)、中学校教諭一種(国語)、司書、司書教諭、学芸員等の資格を取ることができます。また、資格ではありませんが、日本語教育の所定の単位を取得することで、大学から認定証を得ることができます。


大学の授業はどんな様子ですか?
高校の授業とどう違いますか?
高校までは、先生の説明を聞いて理解するという、どちらかと言えば受け身の授業だったと思いますが、大学の授業は、自分で調べたり発表をしたりと、能動的な姿勢が求められます。試験も、筆記試験だけではなく、レポートや作品の提出(たとえば書道)で成績がつく授業もあります。


国語の受験勉強はどのようなことをしていましたか?
国語用の問題集に加え、古典の単語カードや入試の特徴をつかむために赤本を使う人が多いようです。また、推薦入試の小論文は、先生に何度も添削を受けたという人もいます。細かい勉強の仕方は人それぞれなので、オープンキャンパスで、キャンパスアドバイザー(在学生)に尋ねてみてください。


入試の種類はどのようなものがありますか?
入試の種類は、一般入試、AO入試、推薦入試などがあります。詳しくは大学案内をご覧ください。

このページのトップへ移動