昭和女子大学には、多様な海外留学プログラムがあります。日文の学生でも、こうしたプログラムを利用する人が増えています。たとえば、春期/秋期15週間ボストンプログラムでは、前期または後期に昭和ボストン校で学びます。実践を通して語学力を身に付けると同時に、異文化交流の機会を得てグローバル社会への理解を深められます。1年間を通しての留学も可能です。ボストン校以外にも、条件を満たせば、アジア圏その他にある協定校に、認定留学することもできます。いきなり長期の留学は不安だ、という場合は、夏期または春期の休暇中に実施される2~4週間程度の、さまざまな国で実施される短期プログラムを利用してみるのもよいでしょう。自分の関心事に合わせてプログラムを選択できるボストン・サマーセッションや、「外から見る日本」をテーマに日本文化と歴史を学ぶことのできる日本文化プログラムはとくに人気があります。日本語教員をめざす人には、ボストン・韓国・ベトナムでの研修プログラムも用意されています。あなたが専門として学んだ日本語日本文学の知識を、海外留学でさらにステップアップさせてみませんか?







大槻莉乃さん
留学先:アメリカ(ボストン)
春期15週間プログラム

挑戦したいと思えば何でもできる環境ですが、何も発言せず、行動をしなくても生活のできる環境でもあります。留学は異文化間交流や英語力向上はもちろん人間として成長できる場であると感じます。日本を離れ、知らない土地に身を置くことで自分を見つめなおす機会にもなります。留学期間中は常に時間と自分との闘いです。限られた時間の中で頭と手足をフル回転しながら自らのこれからの人生の糧となる経験を、貪欲に取り組める充実した時間であったと思います。




湯田理菜さん
留学先:中国
上海交通大学中国語研修

留学先では、みずから、積極的に行動しなければ何も進展しない場に身を置くことになりました。言いたいことが伝えられずに困ったこともありましたが、言語運用力を磨き、多くの方と話すことができるようになったことで、さまざまなことに挑戦したいと思うようになりました。留学は自分を大きく成長させられる、またとない機会です。今後も、挑戦する気持ちを持ち続け、自分の可能性を広げていきたいと思います。

  



齋藤葉月さん
留学先:ベトナム
日本語教育海外実習
(ベトナム ハノイ国家大学)

大学で日本語教育を学び、その実践の場として与えられたこのプログラムの中では、大学の授業だけでは決して得ることのできない経験をさせていただきました。現場での教壇指導は正確さやスピードが求められ、常に考えている状態が続いていましたが、それすら楽しく刺激的でした。学習者との交流、そして異文化での生活は驚きと発見の毎日であると同時にベトナムの文化を学び、また日本についても考える機会となりました。 日本語教育の経験を積めたこと、海外での生活で新しい価値観を見い出せたこと、すべての学びをこれからの学習に活かしたいと思います。




法月優衣さん
留学先:韓国
夏期韓国語講座
日本語教育海外実習

語学研修、日本語教育研修を通してたくさんの韓国文化に触れることができました。歴史や生活様式などの典型的なものはもちろん、若者文化やサブカルチャーなども知るきっかけにもなりました 同じ大学生でも考え方が行動が全く異なったり、逆に日本と全く同じことがあったり、毎日が発見の連続です。様々な文化があり、どれも大切にしなければならないと強く感じました。これからもさらに視野を広く持って生活していこうと思いました。



外口楓さん
留学先:インドネシア
日本語パートナーズ

インドネシアは地域によって異なる文化を持つとても文化色豊かな国です。インドネシアの人々が自分の文化に誇りを持ち生活する姿を見て、自分自身も日本の文化について考えるようになりました。派遣地域はイスラム教徒が多く日本とは全く違う環境の中での生活となったため、人々の物事に対する考え方や、大切にしているものを生活の中で実感することができました。また、このプログラムを通して様々な方と出会い大きな刺激をもらいました。




山﨑朱音さん
留学先:アメリカ(ボストン)
春期15週間プログラム

イエス・ノーだけでなく常に発言が求められました。そのため、英語のスキルはもちろんのこと、自分の意見を持つという姿勢が大切です。最初は聞き取りだけで精一杯でしたが、だんだんと意見が言えるようになり、会話を楽しめるまでになりました。今では、英語に対する自信が持てるようになりました。プログラムを通じて、何事にも積極的に取り組む姿勢が養われたことが一番の収穫です。

このページのトップへ移動