「今とつながる」「地域とつながる」「世界とつながる」をキーワードにしたプロジェクト科目は1年次から4年次まで履修できます。日本の言語文化に関するテーマを定め、学生自らが企画・実践し、その成果を学内外に問います。それぞれに学んでいる学生同士専門知識を活かしつつ協働することで、学びを進化させるという相乗効果を狙います。





「児童文学プロジェクト」

今年度から新たにスタート。「子どもたちと本をつなぐ」という目標のもと、まず家庭や教育現場で活用してもらえるような、実用的で魅力的なブックリストの作成を活動の基本に置いています。初年度は数ある「絵本」の中から、「これぞ決定版という名作絵本」と、子どもの「食・寝・遊」に着目して「親御さんの悩みを助ける絵本」の、2種類のリストを作成し、印刷製本して、大学祭にて無料配布しました。今後は、このリストを広く紹介してゆくことと、リストに選出した絵本を使って、子どもたちに読み聞かせをしたり、本の内容をふまえて遊びを考案したりと、活動の内容と範囲を広げていきたいと考えています。





「日本文化発信プロジェクト」

日本文化発信プロジェクトは、日本文化の新しい発信の仕方を考えるプロジェクトです。2016年度は日本人の若者に狂言の魅力を伝えるための冊子作成を、2017年度は留学生に狂言の魅力を伝えるための冊子作成を行いました。留学生向けの冊子を作成後、留学生を対象に調査を実施したところ、「狂言のことばをもっと知りたい」というニーズがあることが分かりました。そこで2018年度は、狂言のことばを留学生に楽しんでもらうためのガイドブックを作成しています。「やさしい日本語」であらすじを紹介し、外国語への翻訳(英語・中国語)を部分的に入れる等の工夫をしました。より多くの海外の人に狂言の魅力を伝えるための取り組みをしています。





「古典教材開発プロジェクト」

この間まで高校生・教わる側だった記憶を活かして、学生にしか作れない新しい古典教材を作るプロジェクトです。統計や機械処理といった新しい手法を利用しつつ、①文法②単語③敬語④古典常識といった4つの学習要点を、複数年にわたって教材化してきました。従来の枠にとらわれない、学生ならではの出力形式を常に追及し、助動詞の擬人キャラクター化や、現代作品の古文訳などに取り組んできました。2018年度は最終課題として古典常識のリストを作成、目標としていた4つの学習領域すべての教材が完成しました。また、今後の展開を見据え、助動詞接続をカードゲームで学ぶ、という企画を立ち上げ、ゲームシステムやカードの試作を行いました。




このページのトップへ移動