現代教養学科とは

ABOUT

学科長あいさつ

現代教養学科は学際的な学びの場です

現代教養学科では、社会科学分野を中心に、地域・社会、メディア・文化領域について学び、実践・応用力を養います。1 年次では、多彩な内容の必修科目から関心を広げ、基盤となる知識を身につけます。2,3 年次からは学際的な学びを活かしながら専門科目を履修し、各自の関心の焦点を絞っていきます。3 年次からのゼミでは専門性をさらに高め、その成果を大学の学びの集大成として卒業論文にまとめます。
また、知識を身につけるだけでなく、自ら実行し、社会で通用する力を養うために、少人数授業での議論や日本語・メディアなどのリテラシーを学びます。学生たちは多様なプロジェクト活動等の強みや成果を活かして、キャンパスの外で調査や研修を行っています。
現代教養学科ならではといえる魅力は、大学での学びをベースに地域や社会から実践を通し て多くを学び、情報収集能力だけでなく情報発信できる力を養えることです。
一人ひとりが入学後には「教養」を高めるべく努力されることを期待しています。


学科長  シム チュン・キャット

【教養を学ぶ】学びを導く3つの領域

社会科学分野を中心とした学際的で専門的な学び

現代教養学科では、社会科学分野を中心に学際的に学びます。その中で、専門性を高めていく際に助けとなるのが、社会構想・メディア創造・多文化共創の3つの領域です。各領域に属する専門科目とゼミで専門性を高め、自身の学びの柱とします。

【スキルを学ぶ】専門的な知識をいかすコンピテンシースキル科目・資格

スキル科目と各種資格の取得を通して社会で通用する力を養う

【学びを実践する】現場の中で、社会の動向を捉える力を身につける

キャンパスから飛び出して社会・地域から学ぶ

【Only at CLA】
こんな事もやってます!

現代教養学科主催 特殊研究講座に『男はつらいよ』シリーズでおなじみ 山田 洋次 監督が登壇!
Image

山田監督に質問する学生たち

各学科がゲスト講師をお招きし、1~4年生までの学科全員で聴講する《特殊研究講座》。
現代教養学科は、2019年度の前期ゲスト講師に、「男はつらいよ」や「学校」シリーズなど数多くの名作映画を誕生させた山田洋次監督をお招きし、「私と寅さん」というテーマで講演を行って頂きました。
2019年の冬に上映された「男はつらいよ」シリーズの最新作『男はつらいよお帰り寅さん』に関するお話から、過去のシリーズの作中に込めた山田監督の思いなど、さまざまなお話をして頂きました。
また、講演の後半は学生達からの質問・疑問に山田監督に答えて頂く形でディスカッションを行いました。

現代教養学科だけの+α

過去の特殊研究講座の題目

実施年 題目
2021 語り、の可能性 —活動写真弁士文化を通じて
2021 モンゴル国と日本——国交樹立50年周年を迎えて——
2020 人の心に響く照明デザイン
2020 恋愛結婚の衰退 バーチャル恋愛の出現
2019 私と寅さん 熊本県の地域PRコミュニケーションと復興支援
2019 社会に問う番組作りー「バリバラ」を通して若者にとって社会はどう動いているか
2017 大学での学び方と社会の関係ー人の心に木を植えるー
2016 イスラム教徒の素顔を知ろう 平和な世界を取り戻す
昭和 戦前・戦後の美術ー女性画家を中心にー
2015 現代日本語の変化と表現方法について
ヨーロッパの基礎文化と現代社会