現代教養学科とは

ABOUT

学科長あいさつ

現代教養学科は学際的な学びの場です

現代教養学科では、社会科学分野を中心に、地域・社会、メディア・文化領域について学び、実践・応用力を養います。
1 年次では、多彩な内容の必修科目から関心を広げ、基盤となる知識を身につけます。
2,3 年次からは学際的な学びを活かしながら専門科目を履修し、各自の関心の焦点を絞っていきます。
3 年次からのゼミでは専門性をさらに高め、その成果を大学の学びの集大成として卒業論文にまとめます。
また、知識を身につけるだけでなく、自ら実行する力を養うために、少人数授業での議論や日本語・メディアなどのリテラシー科目の学び、多くのプロジェクト活動等を活かして、教室の外へ飛び出し、調査・研修を行います。
地域や社会から実践を通して多くを学び、ものごとを複合的にとらえる目と社会に語りかける実践・応用力を身につけてほしいと願っています。


学科長  瀬沼 頼子

学びを導く3つの領域

社会科学を中心とした学際的で専門的な学び

現代教養学科では、社会科学分野を中心に学際的に学びます。
その中で、専門性を高めていく際に 助けとなるのが、ソーシャル・メディア・グローバルの3つの領域です。
各領域に属する専門科目とゼミで専門性を高め、自身の学びの柱とします。
一方で、その領域ににとらわれない、自らの興味関心に従った柔軟な科目選択も可能です。

詳しくはこちら

カリキュラムとサポートプログラム

就職を意識したカリキュラムとサポートプログラム

カリキュラム

多様化する現代社会に必要な教養を身につけ、専門領域につなげる基礎を固めます。

1・2年次の「現代教養入門」で社会を読み解くための基礎的な方法を学び、「社会をみる目」「メディアをみる目」「世界をみる目」などの科目で"現代″を幅広く多角的にとらえる力を培います。2年次からは学際的な学びを活かしながら専門科目を履修し、社会科学への関心を深めていきます。
各領域に属する専門科目とゼミで専門性を高め、自身の学びの柱とします。
一方で、その領域にとらわれない、自らの興味関心に従った柔軟な科目選択も可能です。

様々なリテラシー科目を通じ、言葉と情報リテラシーの実践力・応用力を高めます。

1年次では日本語と情報リテラシーを確実に身につけ、2年次以上では専門分野とリンクさせながら、表現力と発信力、そして情報分析能力を磨き、自分の意見や主張を論理的かつ魅力的に伝える力を養います。
また、PBL科目では、企画立案や実行に関する知識やスキルを学ぶことで、問題発見・解決型学習を進めます。

社会科学分野の特色を活かした3つの領域で、専門領域を深めます。

3年次から3つの専門領域に分かれてゼミに所属し、4年次で卒業論文を仕上げます。
学びの領域は、現代社会の諸問題を探究する「ソーシャル」、多様化するメディアを学ぶ「メディア」、国家・都市・地域や国際関係を研究する「グローバル」の3つで構成されています。

サポートプログラム

現代教養学科のカリキュラムは、4年間を通して、卒業後のキャリアデザインに役立つ知識やスキルを効果的に身につけられるように設計されています。
授業に加えて展開されるサポート・プログラムでは、全学共通のキャリア教育、キャリア支援プログラム、社会人メンター制度などに加えて、学科独自の取り組みとして「足跡つなごう! CLA」があります。
このプログラムでは、内定を得た4年生に就職活動の体験を聞いたり、学科O G に就業経験を聞いたりしながら、キャリア意識を高めていくことができます。

取得可能資格

実践的なPBL科目(課題解決型学習「Project-Based Learning」)と各種資格の取得を通して社会で通用する力を養う

現代教養学科では3つの領域で学ぶ専門知識をいかし、社会で通用するより実践的な知に近づけるための豊富なリテラシー科目が用意されています。
まず、日本語科目では、日本語の「書く」「話す」「表現する」能力をさらに磨きます。
また、メディア・リテラシー科目では、基本的なオフィスアプリケーション(Word、Excel、Powerpoint)の運用能力だけでなく、情報社会を生きる上で必要不可欠な知識や、その中で効果的に情報発信するための制作・デザインの基礎なども学ぶことができます。
さらに、PBL 科目では、プロジェクトの実施に必要なプロジェクトのファシリテーションやPR の知識を身につけます。
加えて、世の中にあふれる情報を分析・考察するためのスキルを身につける社会調査士や、書籍・情報の分類・整理・保存を行う司書資格も取得可能です。

社会調査士

世論や市場動向、社会事 象等を科学的に捉えることのできる能力を有する『調査の専門家』

社会調査の知識や技術を用いて、世論や市場動向、社会事象等を科学的に捉えることのできる能力を有する『調査の専門家』のことです。
ますます複雑化する社会の問題を解決するためには、「なぜ、そのような問題が生じるのか」という問題の原因を解明したうえで解決法を示す必要があります。
そのためには、社会の現状を的確に把握する調査と分析の技術を身につけることが不可欠です。
※社会調査士科目を履修することで、社会調査士の資格を取得することができます。

社会調査士資格の活用

社会調査士の資格を持っていると、仕事で以下の調査を行うこともできるようになります!


クリックでPDF表示

司書・司書教諭

「司書」「司書教諭」はどちらも図書館の専門職として働くための「国家資格」

大学で必要な単位を取ったのち卒業すれば資格を取得できます。資格取得のために国家試験や実習は受ける必要がありません。

● 最近の図書館学課程の活動(学科ブログ記事) >> もっと見る

2019.08.07
8/1【図書館学課程】図書館見学其の壱:国際子ども図書館
2019.07.22
【図書館学課程】図書館見学説明会を開会しました!
2019.06.24
【図書館学課程】児童サービス論:読み聞かせの体験について


クリックでPDF表示