日本語、日本文学を学ぶことは、悠久の歴史のなかで育まれた日本のことばや文学、文化を深く理解して体得し、それを広く伝えていく力を身につけることです。ことばや文学と向き合い、自分自身の根幹を問い続ける──その学びのプロセスで培ったことばの力や洞察力は、その後の人生のあらゆる場面で力になるはずです。

学びは段階を踏んで進みます。1年次で基礎を中心に学び、2年次から学びの幅を広げます。3年次でコースを選択し、着実に体系的にステップを踏みながら、専門性を深めます。ことばや文学の背景にある「文化」を学ぶ科目群や、企画・実践型の「プロジェクト科目」、国際的な視点を養う留学プログラムなども充実しており、深さと広がりをもつカリキュラムをとおして、グローバルに活躍する力を育成します。



ことばの仕組みや変遷を観察する「日本語学」、日本語を母語としない人に日本語を教えるための「日本語教育」を学ぶコース。言語文化に対する理解を深めます。


奈良~江戸時代の文学を学ぶ「古典文学」、明治~現代の文学を学ぶ「近現代文学」を学ぶコース。作品を深く精読し人間の本質を探究します。








プロジェクト科目で学びを実践
講義や調査などによって得た知識や考えをもとに、アイデアをかたちにしてゆくさまざまなプロジェクトに取り組むことで、学びを深化させます。プロジェクトの成果は学内外の人に向けて発信します。「今とつながる、地域とつながる、世界とつながる」をキーワードに、様々なプロジェクトを立ち上げる予定です。

プロジェクト紹介(須永ゼミ)





キャリア支援
日本語日本文学科には、学生が各自の特性を生かして就職活動に臨めるような、学科独自のサポートがあります。学外の専門家による講座を開いたり、インターンシップへの積極的参加を勧めたりしています。4年生の就活体験を聞く機会を設け、具体的なアプローチの方法なども学びます。 >詳細


視野を広げる文化科目
コースでの専門の学びをより高めるため、「現代文化論」「メディア論」「サブカルチャー論」等の「グローバルな視野に立つ文化論」科目群や、「日本民俗学」「日本思想史」「日本の演劇」等の「日本の伝統に根ざした文化論」科目群の他、出版・編集にかかわる科目やキャリアを意識した科目、ボストン研修で履修できる専門科目も用意しています。




学びの集大成へ導く「演習」
少人数の演習は2年次からありますが、本格的な学びがスタートするのは3年次からです。学びの集大成である卒業論文制作につながる大切な科目です。学生自身がテーマにそって調査し考察したことを発表し、受講生同士で意見を交換します。主体的で実践的な授業を通じて、洞察力に加え、プレゼンテーション能力も養います。 >詳細

日文だからこそ留学
国外から日本を見つめることによって、日本の文学や文化の学習をさらに深めることになります。ボストンでの各種プログラムや、協定校への認定留学など、目的や期間にあわせて様々な留学プログラムを用意しています。外国人に日本語を教える日本語教員をめざす人には、異文化交流を体験する格好の機会です。  >詳細




第5回日文公開講座「聖地巡礼文学編-渋谷・三軒茶屋等-」のご案内です。詳細はこちら


2018年度版「受験生向けパンフレット」です。画像をクリックすると開きます。(PDF1.47MB)

このページのトップへ移動